OTO.PAIN/ オオトパン
about

私はパン屋で働いたことがありません。元々は、味噌や日本酒に特化した飲食店で働いていました。出産後、居酒屋での勤務は難しくなり、自宅でパンを作り始めたのがパンとの出会い。

ハマり性の私は、自分でパンを作っては家族や友人に配りまくり、「パンの人」として知人たちに認知されていきました。

OTO.PAIN(オオトパン)は、その後、イベント販売のパン屋「パンのオオトヤ」としてスタートしました。
それとほぼ同時に「パンイチ!」というパンのイベントを2014年に東京・吉祥寺にて立ち上げました。毎回行列ができるパンイベントとして多くメディアにも取り上げられるようになり、企業とのコラボなど活動の幅を広げました。

2016年東京から山梨・笛吹市に移住。

3人の子供を育てながら、カフェでの間借り営業を3年間続けてきました。
山梨県北杜市で小麦の共同栽培も始めました。

パンを作るにおいて大事にしているのは、「実感のあるものづくり」。
小麦、果物、野菜、大地の恵みがすぐ近くにある山梨の自然を実感しながら、食べてくれた方が「あ、美味しい」とほっとできるようなパン作りを目指しています。

不確実な世の中、土からたくましく育ってくれる農作物や、元気に発酵してくれる酵母たちはいつでも変わらず勇気を与えてくれます。「これでいいのだ!」と。

当たり前の営みがくれる幸せを忘れずにいたいものです。

2021年11月に、甲州市塩山に店舗をオープンする予定です。お楽しみに。

オンラインショップはこちら

オオトパン オリジナルシール発売中

No Plastic Bag

new topics
1 11 12 13 14 15