2020-02-12

2020年2月の食材【紅露柿】

今月のピックアップ食材!

紅露柿

ブログでも何度もご紹介している、甲州の名産の「枯露柿」という干し柿があります。その中でも、とりわけ一押しなのが、「然企画」さんの「紅露柿」というブランド柿。

「やまなし食べる通信」の雨宮さんにご紹介頂いてから、毎年使わせて頂いております。

通常、干し柿は年末から年始のいわゆる「お年賀」までが出荷のピークと言われているようで、直売所やスーパーでは大きな木箱に箱詰めされた枯露柿が並んでいます。なので柿農家さんはこの時期に間に合わせる為に必死なのだとか。

しかし、然企画さんの干し柿は”通年”買えるものを目指して作られていて、年をあけてからゆっくりと仕上げて出来上がる干し柿です。

東京・青山ファーマーズマーケットに毎週出店なさっています。

1年越しの”熟成”紅露柿

面白いのは、干し柿の可能性をあらゆる面から探っていらっしゃるところ。

先日然企画さんにお邪魔して仕入れてきたのは、今年完成したばかりの”新物”と、1年ゆっくりと乾燥を進めていた”熟成物”

新物は手触りが柔らかく、熟成は触っただけだとカチッとしています。それだけ水分が抜けているからです。
普通の感覚ですと、水分が抜けきった干し柿、ということで商品価値がない、とされる物ですが、然企画の荻原さん曰く、「パンに入れるなど加工に使うのは熟成の方が向いている」、とのこと。

特にオススメは、ヨーグルトにつけて、柿を戻し、ヨーグルト一体化させてから食べること。柿の甘みとヨーグルトの酸味や乳感が一体となって絶品!!

おすすめパンは”ズクシチョコサンド”

チョコチップとズクシバターを塗り、ここに紅露柿を挟みます。
(写真は挟んでないバージョンですが)

紅露柿のしっかりとした歯ごたえと旨味がさらに美味しさアップ!

あとは、イベント限定ですが、マスカルポーネと干し柿のスペシャルサンドも考案中。お楽しみに!

OTO.PAINオンラインショップはこちら。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA